ブログネタ
スイス に参加中!
seealpsee1先週の<Seealpsee/ゼーアルプゼー サーチ(アッペンツェル地方)>

写真を見る限り、いつもどおりの涼しい雰囲気をもたらす湖。

<Fälensee/フェーレンゼー サーチ(アッペンツェル地方)>
faelensee

これらの湖のそばで飼われている牛たちは救われているのだろう。

東スイスの一部では水不足がますます深刻になってきている。
※特に山岳地方。

牛牛は一日あたり約50L~100Lの水を飲む。
一部の地域では喉の渇きを潤すことができないため、
初めて水の要請をした農夫もいる。

軍のタンカー(トラック)やヘリコプターにより
Walensee/ヴァーレンゼー サーチから水を採取して水不足の山岳地帯へ運んでいるそうだ。

その費用は農場に請求されることなく、軍のトレーニング費用として
算出される。


先週のニュースを振り返ると・・・
小規模の山火事もいくつか発生、
山のハイキングでは上級コースで崖から滑り落ちて亡くなった人も。

大きな事故としては、観光のための飛行機が原因不明(8月5日現在)で
墜落して20人が亡くなった。
記者会見では異常な熱波が原因しているのか?との質問も出た。


ライン川も一時26℃を記録。
ベルンのアーレ川も15年ぶりに23℃を超えた。

先日、当ブログでお伝えしたシャフハウゼンのライン川では
すべてがOKというわけではなく、数匹1トン近くの魚が死んだそうだ。
8月に入り、雷雨が襲った地域もあるが、
まだまだ土地の渇きは潤せない。

我が家で気が付くこと・・・
今までに見たことがない光景は、ジョウロにためておいた水に
毎日、蜂たちが水を飲みにやってくる。

バーゼルではライン川の支流であるBirs/ビルス川では
水浴や釣りを避けるように促している。
魚のストレス軽減と絶滅寸前の魚を守るために。

人ができることは協力しあい、
人ができないことは祈るしかない。

昨日(日曜日)、Sion/シオン サーチ(ヴァレー州)では、36.2℃を記録。
酷暑の中、サッカーの試合は休憩をとりながらプレーした。
サッカー場の温度計は40℃を超えていた。


私の住むバーゼル郊外の町では
山からの水で小川の水量は少なくなってきてはいるものの、
数日前、まだ魚の姿が見えたが予断を許さない。

雨はいつ降ったのか忘れてしまった。

ただ、アッペンツェル地方のこの仔たちの顔をみると救われる。
<Ebenalp/エーベンアルプ サーチ>
ebenalp


<お庭に鳥のための水遊び場 ※Amsel/アムゼル>
appenzel



本日(8月6日)はベルン・ルツェルン・バーゼルなどいくつかの都市や町(私の住む町でも)では
熱波警報が出た!
 ➡search.ch
tenki

【追記】2018.08.07
雷雨・・・月曜日、日曜日に最高気温が36℃以上になったシオンでは大雨。
町中では洪水になったところもある。
イタリアとスイスの国境、Grossen St. Bernhard では嵐のため部分的に道路は通行止め。
また、ヴァレー州の
MartignyとSembrancherでは列車が3時間中断した。
そしてお隣のイタリア・モンブランの麓では地滑りが発生し死者が出たそうだ。
極端な天気の変動は人を殺す。