ブログネタ
スイス に参加中!
hoher_kasten_ai<7月26日:Hoher Kasten/ホーアー・カステン サーチ(1791m, アッペンツェル地方)からの眺め>


先日のブログでもスイスでの森林火災の警戒の話題をお伝えしたが、
この写真を見れば一目瞭然!ショック!

降水量で水位が左右される、写真に写っている湖、Sämtisersee(ゼムティス湖)サーチでは、
水不足でほとんど水がない状態。


<2017年5月26日>2017-5-




<2016年8月13日>
2016-8-13


昨日のニュースによると、
スイスのアールガウ州のBergdietikon/ベルクディーティコン サーチでは
飲料水の不足が予想されるため、町の噴水の給水を一時的にストップせざるを得なくなった。

地割れが生じている場所もあるそうだ。

また、シャフハウゼン州のHemishofen/ヘミスホーフェン サーチのライン川沿いでは、
猛暑によりライン川の水温が25℃と高くなっているため、魚の絶滅を防ぐために
日よけとタンクから水を流すことによって水温を数度低く保っているそうだ。
※通常はここのライン川ではスイミングが許可されているが、
「スイミングとダイビング禁止」の立て札も設けられた。
shaffhausen


バーゼル市内では水不足により、一部のカエデの木が枯れてしまったところもあり、
また、バーゼル近隣の町では完全に建国記念日(8月1日)のための花火打ち上げ花火が禁止になっている
ところも出てきた。

打ち上げ花火スイス全土での花火の許可については自治体によって異なる
また花火の種類を限定して許可する自治体も出てきた。


注意偶然に見つけた、こちらの日本の情報サイト「スイスの花火禁止」との見出しにあるが、
内容を読む限り、スイス全土で花火禁止とも受け取られる内容であるが、
先に述べたようにスイスの州の各自治体の判断により花火禁止かどうかは異なる。


7月27日現在
東スイス・ティティーノ州の大手スーパーマーケット、Coop,Migrosでは
このような打ち上げ花火の販売を中止している。
CBA27D1714606E1FA55F33460604B241


干ばつはスイスのみならずヨーロッパの衛星写真をみると
通常、緑の大地が茶色になっているというニュースも昨日、報じられた。

注意スイス在住の皆さんで花火を楽しみにしておられる方は
お住まいの町での決定をご確認ください。

【関連記事】
 スイスも警戒!森林火災 

【ホーアー・カステンからの眺め】