ブログネタ
スイス に参加中!
saas_almagell_vs_s12
≪1月9日:Saas-Almagell/サース・アルマゲル(ヴァレー州)map

最新情報では雪崩危険がレベル5からレベル4へと切り替わり、
Visp/フィスプとZermatt/ツェルマット間の列車も12時台のダイヤ(スイス時間)より
運行開始!・・・と喜んだのも束の間!
【すでに当ブログをお読みになった方へ訂正とお詫び】
12時前よりそして、最終、当ブログ更新時12時25分過ぎに確認したところ、
運行スケジュールは通常どおりのダイヤで運行状況であったが、
その後、急遽、運休となっていた。
※本日は昨日と同様に終日運休(13時25分時点)
FBSwiss Fan Clubの読者からの最新情報によるものだが、
12時45分のニュースで、運行は確定していないと流れ
あらためて運行スケジュールを調べると・・・終日運休に変更されていた!
残念!
 ➡【続報】17時台に運行再開(17時頃のツェルマット駅の様子はコチラ
1-9 sbb




Zermatt-Gornergrat/ゴルナーグラート間の登山列車、
Zermatt-Furi/フーリ
間のケーブルカーも12時台より運行開始。

10-1 8



昨日はエア・ツェルマットが視界の良い時間帯(15時~17時)のみ
観光客のためにヘリコプターによる輸送を開始した(70スイスフラン/人)。

Air Zermattの協力でツェルマットへヘリで訪れる人も離れる人もいた。
1-9 air zermatt


現在、ツェルマットでは約13000人、サース渓谷では約2000人の観光客が
休暇を過ごしている。


昨日は一時的に停電したところもあり、ロウソクの灯で調理する
レストランのスタッフの様子も報道された。

シンプロン地域では24時間で約2mもの雪が積もったそうだ。

昨日の風景はシベリアのようだったと語ったひともいた。

通行止めだった道路も解除されたところがあるが、
Täsch - Zermatt間の道路は本日も通行止めのままである。
最新のアッパー・ヴァレー地域の交通状況はコチラ

以上、最新(本日11時:スイス時間)のニュースより。

ツェルマットの中心部では明るい展望を与えてくれているかのように
クリスマスツリー🎄が輝いていた。


 

※Visp - Zermatt間はMatterhorn-Gotthard-Bahnが運行

【続報】➡10日17時台より、ようやくVisp -Zermatt間の列車が運行開始しました。