ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
federer5


昨夜、ライブ放送で、
国民投票による今年最も活躍したスイスのアスリートが選出される、
Sports Awards 2017で、
予想どおり、ロジャー・フェデラーがNo.1に選ばれた
クラッカー
今年の受賞は7度目となる➡履歴をみる

ドバイからライブでフェデラーの映像が届く。
フェデラー自身は「映像はなく、カメラを見るだけ。」とも伝えた。

今年、ノミネートされた他のすべての選手への祝福とともに、
「この賞にノミネートされるのはとても光栄だ。」と語った。

そして、今年一年を振り返ると、
「ものすごく大きな年、お気に入りの年といってもいいかもしれない。
来年はその半分でも成功すれば満足である。」
と。

フェデラーは終始、笑顔で、
もちろん、チームと家族への感謝も忘れない。

微笑ましい光景もあった。

"Hallo Mami, hallo Papi. Danke, dass ihr im Studio seid."と、
「ハロー マミィ、ハロー パピィ スタジオにいてくれてありがとう。」と
手を振る。
federer2


すると、フェデラーの母親レネットさんも手を振る(彼女の目には少し光るものがみえた。)。
federer4



「私の妻、私の家族、彼らなしでは私はテニスをすることができなかっただろうに。」
家族への感謝も忘れない。

そして、子どもたちとの面白いエピソードも語ってくれた。

出かける前に子どもたちをベッドへ連れていくとき、
こどもたちが質問した「どこへいくの?」

フェデラーはスポーツの表彰のことをこどもたちに説明し
チャンスがあることも。

すると、
「でも、パパ、ラファ(
Rafael Nadal/ ラファエル・ナダルのこと)がNo.1でしょ?」
(スタジオでは
歓声が沸き起こる。
と聞かれ、「スイスの中だけの話だけどね
あせる」と答えたと。
それは非常に面白かった
音譜ことをカメラの前で語ってくれた。

フェデラーがこの笑顔のように、子どもたちとの楽しい会話が思い浮かばれる
ニコニコfederer7


通り一遍のスピーチではなく、
こういったアットホームな温かい言葉やしぐさが
フェデラーの人気の一つであるとあらためて確信する。

「おめでとう!スイスNo.1」


ちなみに女子アスリートNo.1には
スキーのWendy Holderner/ウェンディ・ホルドナーが選ばれた。
Wendy holdener


その他4部門の賞については記事本文下をご覧ください。


今回のスイスの風景は素敵だなぁ💗と思われた写真が一枚でもあれば・・・
ヨーゼフわんわんアルプホルン音符クリック一票ビックリマーク

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
応援クリックよろしくね


 

🏠Sport Awards 2017 ノミネート一覧&結果

チーム

8度目

➡⚽スイス代表サッカーチーム

nati


障害者アスリート

7度目、5年連続

➡Marcel Hug/マルセル・フーク

Marcel Hug


コーチ

➡Severin Lüthi/セフェリン・リュティ

Severin Luethi


新人

➡Nico Hischier ニコ・ヒッシャー

Nico Hischier