ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
zurich_hb_2014
≪チューリッヒ中央駅≫

想像してみてください!
この人込みの中でタバコを吸っている人が歩いていたとすれば・・・

来年からSBB鉄道駅でテスト開始!

テストとは??
個人的には待ちに待った、スイス鉄道駅における喫煙規制である。


タバコ今では想像できないが、スイスではSBB列車内の喫煙に関しては
2005年12月10日まで許可されていた。

≪2005年11月9日の風景≫
2005-11-9


しかし、駅構内での喫煙は規制がなく自由である!
乗車する直前にタバコをポイ捨てする人も見かけたことがある。

今日、隣国を含むヨーロッパ諸国では喫煙規制が厳しい中、
SBBの利用者からの問い合わせでも常に問題となっており、
近年においては圧力が高まっているそうだ。

禁煙ヨーロッパで駅構内で完全に禁煙されている国の例:
フランスフランスの旗、イタリアイタリアの旗、オーストリアオーストリアの旗、オランダオランダの旗、ベルギーベルギーの旗、スペインスペインの旗

禁煙タバコヨーロッパで喫煙ゾーンでのみ許可されている国の例:
ドイツ
ドイツの旗、ノルウェーノルウェーの旗

※ドイツでは2007年以来、
列車内と駅構内において一般的に禁煙となっているが・・・
DB


ホームには喫煙ゾーン
タバコがある≪例:ミュンヘン中央駅≫
München_Hauptbahnhof_Raucherbereich_Gleis_12-13


そこで、SBBは2018年末からスイス鉄道全駅での喫煙禁止検討中

注意喫煙規制のプロジェクト対象となる駅は下記のとおり(2017年11月1日現在の情報)。
【駅構内での喫煙禁止:3駅】
Zürich/チューリッヒ中央駅、Basel/バーゼルSBB駅、Nyon/ニヨン駅
【喫煙スペース設置:1駅】
Bellinzona/ベリンツォーナ
【喫煙ラウンジ設置:1駅】
Neuchâtel/ヌーシャテル
※"喫煙ラウンジ"は日本でいう分煙室みたいなものかな!?

SBBとしては鉄道駅の禁煙規制に関する一般市民の意見を奨励したい」と
考えているそうだ。

ひらめき電球最終決定は来年の半ば頃の予定だが、テスト期間中、
駅構内では利用者へのインタビュー実施やメディアの協力のもと読者コメントを分析し、
いろんな視点から決定されるらしい。

≪静かなルツェルン駅構内≫
DSCN4829
9月の土曜日11時頃の風景だが、人が少ないのはまれである。
通勤時間帯や乗り換えで発着列車が多い時間帯はすごい人!

駅構内の人混みの中でタバコを吸いながら歩いている人に出くわしたことがあったプンプン

個人的には是非、駅構内においても全面禁煙となってほしいが、
喫煙愛好家の多くは・・・さて、どういう決定になるでしょうか!


今回の話題は初めて知ったビックリマークという方は・・・
ヨーゼフわんわんアルプホルン音符クリック一票ビックリマーク

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

応援クリックよろしくね