ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
IMG_4898
≪12時40分頃の風景≫

霧がかかっていると、一層美しく見えるレマン湖の風景ラブラブ

2007年に世界遺産(文化遺産)に登録された
『Lavaux, Vineyard Terraces(ラヴォー地区の葡萄畑)』

葡萄畑の美しい景観のみならず、ワイン造りの長ーい伝統と歴史も含めて評価された。


サーチ世界遺産に登録された葡萄畑のメインのエリアは
赤い枠で囲ってあるところとなるが、
地図でもわかるとおり、ラヴォー地区には14の村が含まれることになる。
Lavaux-map

Lavaux_commune


※ちなみに、スイス政府観光局のサイト等で
よく名前が出てくるのは太字の村。
Lutry/リュトリ
Villette/ヴィレット
Grandvaux/グランヴォー
Cully/キュリー
Riex/リエ 
Epesses/エペス
Puidoux/ピュイドゥー
Chexbres/シェーブル
Rivaz/リヴァ
St.Saphorin/サン・サフォラン
Chardonne/シャルドンヌ
Corseaux/コルソー
Corsier-sur-Vevey/コルシエ・スル・ヴヴェイ
Jongny/ジョンニー

なお、2011年7月1日付で上記5つの村()は統合され、
地方自治体の区分ではBourg-en-Lavaux/ブール=アン=ラヴォーとなっている。
※紋章は、リエの紋章が引き継がれた。
Riex

≪2011年7月1日~≫
1


小さな村に住むワイン生産者たちの愛情と太陽の恵みをいっぱいに受けて育った
葡萄から作られたワインは試飲する価値あり(だと思う)。

観光者向けに夏期シーズンは毎日オープンしているワイナリー(白ワイン本文記事下)もあるが、

注意ワイン祭りなどのイベントを除いては
ほとんどのワイナリーは週末のみの試飲を行っているところが多いので
要注意!

村の地元のワイナリーで試飲したい場合は、
土日に訪れるのが無難かもしれないが、事前に確認したほうが良さそうだ。


ちなみに、私はこちらのワイナリーを訪れたかったが、
土曜日の午前中と日曜日のみオープンだった。
DSCN7097


もちろん、地元のレストランでは地元のワインを飲むに限る。

グランヴォーのレストランにて、
霧がかかった美しいレマン湖と葡萄畑の風景を見ながら、美味しい白ワインをいただく。

DSCN6944


ちなみに、いただいた白ワインは、エペスとキュリーのワイン()。
DSCN6940

キュリーのほうは甘口だったが、どちらもとっても美味しかった


今回の内容は面白かった!

ラヴォー地区のワインを飲んでみたいなぁ💗と思われた方ば・・・
ヨーゼフわんわんアルプホルン音符クリック一票ビックリマーク


応援クリックよろしくね


 

📷2017.10.17
🏠ユネスコ文化遺産『Lavaux, Vineyard Terraces』
白ワインLavaux Vinorama