ブログネタ
スイス に参加中!

DSCN4232

 

初めて訪れた、Frauenfeld/フラウエンフェルト(トゥールガウ州)。

 

乗り換えで降り立った町だったが、駅前にスイス国旗が翻り、

遠くに二つの尖塔が見えて興味がわき、町を散策してみたくなった。

 

 

尖塔に近づくと、大きな綺麗な白い教会がラブラブ

 

 

坂を上ると、

 

こちらの扉はロックされていたが、

向かって左へ広場のほうへまわると、中へ入ることができたチョキ

中の様子はまた別の機会に!

 

 

ひらめき電球今日見られる、この聖ニコラウス教会は1904年~1906年に建てられたそうだが、

驚くことに、当時の石工のリストの中にあのムッソリーニの名前があったそうだビックリマーク

 

ムッソリーニはローザンヌに住んでいたことは以前聞いて知っていたが、

まさかこの教会の建築に携わっていたとは・・・ホント、驚いたえっ

 

石を積み上げながら、ファシズムの土台を築いていたのだろうか・・・なぁ~んてにひひ

 

 

教会前の広場に目を向けると、路面には水玉模様音譜

 

ちょっと面白い町だなぁとますます興味がわいてきたアップ

 

続く

 


今回の内容は面白かったチョキラブラブと思われたら・・・
ヨーゼフわんわんアルプホルン音符クリック一票ビックリマーク


応援クリックよろしくね


 

📷2017.09.21

メモドゥーチェとは?

 

 

 

*