ブログネタ
スイス に参加中!

IMG_0123

≪背景の山:Grosser Mythen/グローサー・ミューテン(右)とKleiner Mythen/クライナーミューテン

 

ドイツの詩人、ゲーテJohann Wolfgang von Goethe)といえば、

誰も知らない人はいないだろう。

 

ゲーテは3度、スイススイスへ旅をしている。

 

【1回目の旅行をした時期】
1975年5月14日~6月22日

 

【一緒に旅をした仲間】

Christian zu Stolberg-Stolberg , Friedrich Leopold zu Stolberg-Stolberg

Christian von Haugwitz

 

 

ベル初めてゲーテが訪れたスイスの旅でのストーリーより。

1775年6月16日

メモ・・・Eingiedeln/アインジーデルンからシュヴィーツへ徒歩で向かった。

(巡業の道と思えるほどの)非常に険しい山道にさしかかる。

石だらけのまったく人気のない荒涼とした丘陵を超えて行かねばならなかった。

 

夕方7時45分頃、空中に並ぶ2つのシュヴィーツの山、Mythen/ミューテン)が

目の前に見えるところまで辿り着く。

当時、ゲーテはミューテン山のことを

Schwyzer Hocken(シュヴィーツの山頂が尖った山)」と表現している。

 

谷底に向かって崖を跳び超えるかのように岩だらけの山道を下り

ようやく夜10時にシュヴィーツに到着。・・・メモ

 

疲れ果てて倒れそうになりながらも、達成感からなのかな?

笑いがこみあげてきたそうだ。

 

そして翌朝、宿泊した部屋の窓からシュヴィーツの山が見えたそうだが、

おそらく、そのときにスケッチしたと思われるゲーテ自身が描いたミューテン山。

本"Aus meinem Leben. Dichtung und Wahrheit"より≫

 

窓から見る巨大な不規則なピラミッドに雲がグングンと立ち登っていたそうだ。

当時の様子を思い描いてみるうちに、私が見たミューテン山の風景を思い出す。

メモ続きはこちらから↓↓

9-20 blog

 


今回の内容は面白かったチョキラブラブと思われたら・・・
ヨーゼフわんわんアルプホルン音符クリック一票ビックリマーク


応援クリックよろしくね


 

📷2014.05.21