ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
ZermattSandro Biner

イソップ物語に、小さな物語の章を増やしたいような
夕暮れの風景(10月4日)!

マッターホルンはいつ見ても堂々と何があっても動じない山という
イメージもある。

世界中の人々がスイスに訪れ、
マッターホルンの雄姿を見るためにツェルマットに訪れる。


皆、マッターホルンばかり見ているから、
まるで雲がヤキモチでも焼いたかのように、
太陽の力を借りて、顔を真っ赤に染めたり、黄色くなったり・・・、
ZermattManuela Salzmann



人の注目を浴びたいかのように
雲はモクモクと大きくなって、マッターホルンに迫る。
Zermatt Liliane Kronig



夕暮れの太陽は呟く。
「雲は容易に朱く染まったのに。」と。

でも、マッターホルンは普段と全く変わらない様子で堂々としている。
ZermattMario Constantin



でも、朝の太陽は笑顔で、マッターホルンに魔法をかける。
「さぁ、気持ちの良い朝だよ。」と。

すると、マッターホルンの頭からベールをかぶせるように
朱く、黄金色に染まっていく。
 ➡黄金色に輝くマッターホルン! スイス・ツェルマット
matterhorn

同じ太陽なのに・・・。


今回の風景写真はすごいなぁ!面白い💗と思われた写真が一枚でもあれば
ヨーゼフわんわんアルプホルン音符クリック一票ビックリマーク