ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
roger_federer

「Grüazi mitanander(皆さん、こんにちは)!」と、
スイスドイツ語でTV関係者たちに挨拶をするロジャー・フェデラー

今年4月に放映されたチューリッヒのローカルTV番組に出演した。

そのTVスタジオでのフェデラーの収録前の
楽しいビデオ(3月末撮影)を昨日、入手
チョキ

経緯はよくわからないが、テキストを見ながら、
スイスの公用語となる3か国語で読むシーン(19秒~)が、楽しくてたまらない
:squee:

1.
ドイツの旗 スイスドイツ語
2.
フランスの旗 フランス語
3.
イタリアの旗 イタリア語

スイスの4番目の公用語、
スイスの旗 ロマンシュ語はさすがになかったが・・・。


音声担当のハンドマイクを持つスタッフもニコニコ
ニコニコ
私も終始ニコニコ
ニコニコ


【今回のレッスンは励ましの言葉
ラブラブ
Viel Glück/フィール・グリュック, Roger/ロチャー(
Bonne chance/ ボンヌ・シャーンス , Roger/ロジェ
Buona Fortuna/ボナ・フォルトゥーナ, Ruggero Ruggiero/ルッジェーロ

ひらめき電球Viel Glück=Bonne chance=Buona Fortunaの意味は「幸運を祈る」。
日本でいう「頑張ってね!」という同じ使われた方。

日本語表記にすると微妙に違ってくるので、
実際の発音はフェデラー先生の声でチェックしてみてください!
当ブログの記事本文下から動画のページを開いて見てください。


ロジャーは英語読み。
英語・ドイツ語・フランス語でスペルは同じでも
国によって名前の発音が違うのは面白いですよね。

聞き取りが早すぎてよくわからないという方は・・・
【動画】の右下をクリックして速度を遅くすればいいかも


ベルちなみに、5か月前、当ブログでもご紹介した、チューリッヒで開催された
The Match for Africa3のキャンペーンの一環としてのTV出演だった。
 チューリッヒの青空の下で輝くテニス界の星!


一緒に居合わせた、TV局の編集長はフェデラーの印象をこう語っている。
「自然で謙虚、人に共感する態度は非常に印象的だった。」

世界的に有名なテニス界のトップスターなのに、
初対面なのに同じ目線で楽しく会話する人柄だこそ、
世界中にファンを持つ理由の一つでしょうね。


今回内容は面白かった💗
この動画は初めて見た!という方は・・・
ヨーゼフわんわんアルプホルン音符クリック一票ビックリマーク







🏠The Match for Africa3

こちらのフェデラーの写真をクリックすると
【動画】のぺージにつながります
s-federer
最後の本番直前の会話は、インタビュアーがフェデラーの背中のトラブルについて、
少しジョークも含ませながらフェデラーを励ましているシーン。