ブログネタ
スイス に参加中!
DSCN7682
Trockener Steg/トロッケナー・シュテーク(2939m)ロープウェイ駅付近からの眺め≫


先月、FBSwiss Fan Clubで日本在住のスイスファンの方が、
Theodulgletscher(テオドゥール氷河)の上を歩かれたときの写真をシェアしてくれた。
 FB氷河の上を歩かれている様子はコチラから

デオドゥール氷河は一度も見たことがなかったので、
今回のツェルマットの旅の目的の一つに入れた。

目的地:Gandegghütte/ガンデックヒュッテまで約25分
DSCN7688


谷間に見える集落がツェルマット
グラウビュンデン州のDavos/ダヴォスを思い出す。
DSCN7684


テオドゥール氷河は二つに分かれていて標高が高いところを
Oberer Theodulgletscher/オーバーラー・テオドゥールグレッチャーと呼ぶ。
DSCN7697
スキーリフトをはさんで右の山がFurggsattel/フルックザッテル(3365m)
左がTheodulhorn/テオドゥールホルン(3469m)

トロッケナー・シュテークとフルックザッテルを結ぶチェアリフトが写っているが、
氷河の上を歩いてスイスの旗スイスからイタリアの旗イタリアへ行くルートは
Trockener Steg➡Gandegghütte➡Theodulpass(テオドゥール峠スイスの旗イタリアの旗)のルートらしい。

この写真には写っていないが、Tバーリフトの横付近を通るようだが、
FBFacebookの写真でもわかるように、クレパスがあるので
経験豊かなガイド付きで行くにこしたことはない。

Gandegghütte/ガンデックヒュッテ(3030m)≫
DSCN7734

標識にはTheodulpass 1h(テオドゥール峠まで1時間)と書かれてある。

1時間氷河の上を歩いてイタリアの旗イタリアビックリマーク

途中で出会ったこの一行(8名)はイタリアの旗イタリアから来たそうだ。
DSCN7800


頭上には何度も富士山よりも高い、
クライン・マッターホルン(マッターホルン・グレッシャーパラダイス)行の
画期的なロープウェイが往来する。
IMG_3723
写真左手の建物がトロッケナー・シュテークのロープウェイ駅。

マッターホルン・グレッシャーパラダイスでは観光のみならず
スキーを楽しむ人たちが多く、私が訪れた午後には下りのロープウェイには
スキー客をたくさん見かけた。

ここではゴツゴツした岩を登る感じだったが、岩の名前がつく鳥を発見!
その鳥とは?標高3000mに住む鳥!スイス・ツェルマット


イタリアとスイスを歩いて行ける氷河あるとは知らなかったなぁ💗という方は・・・
ヨーゼフわんわんアルプホルン音符クリック一票ビックリマーク
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ


Flag_of_Switzerland_980
【登場順】
Trockener Steg/トロッケナー・シュテーク(2939m)
Gandegghütte/ガンデックヒュッテ(3030m)
Oberer Theodulgletscher/オーバーラー・テオドゥールグレッチャー
Furggsattel/フルックザッテル(3365m)
Theodulhorn/テオドゥールホルン(3469m)
Theodulpass/テオドゥールパス(3295m)
Klein Matterhorn/クライン・マッターホルン(3883m)
Matterhorn glacier paradise/マッターホルン・グレッシャーパラダイス(3883m)