ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
rohnegletscher201706
≪6月22日のヴァレー州 Rhonegletscher(ローヌ氷河)の風景≫

昨日、同じくGoms/ゴムスUlrichen/ウルリッヒェンでは、1998年以来の
6月においての最高気温の記録更新となった(28.9℃➡29.4℃)。

毎年、氷河が後退していく中で、最近の猛暑は氷河にたくさんの汗?
いや、たくさんの涙を見る。

声をあげて泣いているようにも見える。

そしてその涙は氷河湖となって美しい色の湖に変わっていく。
≪2015年6月の風景≫
rohnegletscher201506


19世紀末にオープンしたホテル・ベルヴェデーレは
当時はホテルの横に氷河があったそうだ。

その後、映画007シリーズ『ゴールドフィンガー』のフルカ峠のカーチェイスの1シーンでも
登場し脚光を浴びたが、氷河の後退とともに訪れる観光客も少なくなり、
2年前、2015年夏、歴史あるホテルはクローズせざるを得なくなった。

19世紀、氷河観光で多くの人たちでにぎわっていたGletsch/グレッチからの眺め(2015年6月)。
ローヌ氷河(左)と’Furkapass(フルカ峠)が見える。
Gletsch_201506


グレッチの駅はフルカ山岳蒸気鉄道の停車駅でもある。


近年は「Eisgrotte/アイスグロッテ」と呼ばれる氷河洞窟を観光客に提供されているが、
毎年、穴を掘る作業が不可欠となる。

昨年は、氷河にシートを被せ後退を防ぐ措置が取られたときもあったが、
やはり今年も氷河洞窟の出入り口付近一帯にはシートで覆われている。
 
スイスではローヌ氷河に限らず、世界遺産のアレッチ氷河でも、
以前、7月に訪れたときには氷河から雨のように水が流れていた。

スイスの氷河をいつか見てみたい!と思われている人は
早い時期に訪れるにこしたことはないだろう。


本日の内容は面白かったなぁ💗と思われたら・・・
ページを閉じる前にお手数ですが
ポチッとお願いしまーす

にほんブログ村 旅行ブログへクリック
 
クリック


Flag_of_Switzerland_980
🏠ローヌ氷河 HP
お土産ショップやスナック・飲み物類を提供してくれるショップはオープン中!
snack-buvette
7月初め~アルペンガーデンもオープン予定。
バスグレッチ(Gletch Post)からアンデルマット(Andermatt, Bahnhof)行きの路線バスで約18分、
二つ目の駅 Belvedere Furka下車
※バスの本数がかなり少ないので要注意!

【アルプス3峠超えバスツアー 2017年:6月24日~10月15日】
ひらめき電球スイストラベルパス(※)利用者は無料(※詳細はHPにて要確認)〈通常運賃:2017年〉
バスルート①Furka–Grimsel-Susten Pass Route〈CHF 127.20〉
バスルート②Susten–Furka–Grimsel Pass Route〈CHF 112.80〉
バスルート③Gotthard–Nufenen–Furka Pass Route〈CHF 133.20〉
バスルート④Nufenen–Furka–Gotthard Pass Route〈CHF 123.60〉

【ご参考までに:アルプス4峠越えバスツアー 2017年:6月24日~10月15日】

バスルート⑤Grimsel–Nufenen–Gotthard–Susten Pass Route〈CHF 184.00〉

フルカ山岳蒸気鉄道に関する情報
映画「007Goldfinger」の1シーン
※動画の冒頭にホテルが登場


※通常運賃〈CHF 127.20〉CHF 127.20