ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
Osterglocke_11


自然はすごいなー
ぜ~んぶ野の花!!!

スイス在住のある写真愛好家が撮影したこの美しい風景にあこがれ、行ってみたいと思いつつも
場所がずっとわからなかった。
スイス政府観光局のサイトでもハイキング情報はあるが、花の群生については一切触れてない!


そして3年目の春、今年やっと自分の目で素晴らしい風景を見ることができた!
Osterglocke_6



たくさんの自然のサプリメントが私の心を癒す。
Osterglocke_2
Osterglocke_3


スイスドイツ語圏で生まれ育つ夫ももちろん、初めて訪れた場所!

ドイツ語圏では
Gelbe Narzisse(黄スイセン)
Trompeten-Narzisse(ラッパスイセン)
Osterglocke(イースターベル)・・・などと呼ばれている花。

私はイースターベルの響きが好きだ!

野生なのでとっても可愛いラブラブ
10cmほどの丈で大きな花をつけているのもあった。
Osterglocke_9


大きなものでも私の手のひらほどの丈。
Osterglocke_8



その可愛いラッパスイセンがものすごい広範囲で一斉に花を咲かせていた
Osterglocke_4


どのくらいの範囲なのか検討がつかないほど本当に広かった


この黄スイセンもモントルー地方の『5月の雪』と呼ばれる白いナルシスの花の仲間
 "5月の雪"ナルシスの花ツアー!プレイヤード/スイス

ナルシスの花の可憐なイメージとは違って
黄スイセンは『希望と喜びの光』を与えてくれる元気をもらえるイメージがする。


お花を踏まないように
Osterglocke_1



歩いて・・・  歩いて・・・

ラッパみたいな花びらから幸せの鐘が鳴り響いてくるような💗
元気になれる
Osterglocke_7


月曜日の午後とあって、訪れる人は多くなく、
この花が見渡せる小さな丘の上でBBQを楽しんでいるファミリーに出くわした。

数百メートル離れたところに小さなレストランもあったが立ち寄らず。

冬には、お花畑の間の道はクロスカントリーのコースにもなっているらしい。

そして、うれしいことに野生のアルプスカモシカに出会う!(また別の機会に)

普通だったら30分くらいで見て戻るのだろうが、
花好きの私にとっては楽園!約2時間も費やしてしまったラブラブ!


場所によってはまだクロッカスが咲いているところもあり、
エンチアンやキンポウゲなどの花々も点々と咲いていた。

面白いことにタンポポはこの写真の一つだけ。
Blumen


幸せそうなカップルにも出くわした💗
Osterglocke_10

続く
この場所にご興味がある方がたくさんいれば
、また詳しい情報をアップします。



この場所に興味がある!素敵な写真だなぁ💗と思われた写真が一枚でもあれば・・・
ページを閉じる前にお手数ですが
ポチッとお願いしまーす

にほんブログ村 旅行ブログへクリック
 
クリック


Flag_of_Switzerland_980
ラッパスイセンの群生地:ヌーシャテル州 Vue des Alpes ―Tête de Ran
Tête de Ran周辺