ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
sakura_bern_1


約40年前、この場所に日本の桜"ソメイヨシノ"を植えようと決めた人はすごいと思う。
奈良からベルンへ寄贈されたのは42年前、1975年4月10日


美しい世界遺産のベルン旧市街を美しい日本の桜で包まれたような風景は
ここでしか味わえない!

桜のリースのように・・・ラブラブ
wreath
sakura_bern_2
写真内の主な建物について(写真左から)
Nydeggkirche(ニーデック教会)、Berner Münster(ベルン大聖堂)、Bundeshaus(連邦議事堂)


sakura_bern_3



桜だけみると、日本にいればもっともっと美しい桜に出会えるであろう。
しかし、この世界遺産の街に似合う桜はこの🌸ソメイヨシノ🌸だけ!と思えるほどである。


桜の花びらが散りゆくとき、美しいアーレ川に流れるように見えるかもしれなぁとも感じた。
sakura_bern_4



桜のアーチ
sakura_bern_5



空を見上げると・・・
太陽の光線はソメイヨシノの色のようだった。美しいビックリマーク
sakura_bern_6



さらに、私が訪れた昨日のお昼頃、ソメイヨシノは幸せなカップルを祝っていた。

満開の日本の桜の白い花びらが花嫁の白いベールに変身したかのような
どちらも美しい姿であった。
sakura_bern_7


ちなみに、韓国人カップルで、韓国語で「おめでとう」はなんというのかわからなかったので、
英語で"Congratulations!"と告げると"Thank you!"と、とってもうれしそうな花嫁の笑顔だったラブラブ音譜​​​​​​​


さらに、桜の花にカメラを向けていると、私の背後から日本人男性の声が聞こえてきた。
「いやぁ、特別ですよ。こんな時期に出くわすなんて・・・。」と、
満開の桜のの時期に訪れたことにすごく感動していた。

振り返ると、ビジネスマン風の日本人男性二人だったが、
満開の日本の桜は心の窓も満開にしてくれる・・・そんな気がした。



ここでも、もちろん、蜂たちは大喜びだった。
sakura_bern_8

また、来年会いましょうとソメイヨシノに別れを告げ、ベルンの街を散策DASH!

春の街歩きはとっても楽しかった音譜
イースターの可愛いグッズがた~くさん飾ってあって何度も足を止め、
予定よりも自宅へ帰るのが遅くなってしまったニコニコ

 
ベルンとソメイヨシノのコラボ風景、素敵だぁ💗と思われた写真が一枚でもあれば・・・
ページを閉じる前にお手数ですが
ポチッとお願いしまーす


にほんブログ村 旅行ブログへクリック
 
クリック


Flag_of_Switzerland_980

【交通手段】

バス利用の場合

ベルン駅前から15番のバス(Ostermundingen/Rüti行)約8分

Rosengarten下車


徒歩の場合

ベルン駅から約30分(約2km)

Rosengarten INFO.



svg