ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
Basel_Bad_Bf
Basel Badischer Bahnhof/バーゼル・バディッシャー駅(今年2月撮影)



バーゼル・ファスナハトのあと、春の訪れが本格的にやってくると
心の中の桜が咲いたのも束の間・・・

心の桜は悲惨なニュースで散った!

昨夜20時15分頃(スイス時間)、
バーゼル・バディッシャー駅(ドイツ鉄道)から約700m離れたところに位置する
Cafe 56で犯人2人が銃を持ってカフェに侵入。

≪事件後の昨夜の様子≫ 
cafe56
cafe56_2
※出典:blick.ch

カフェに居合わせたアルバニア人2人(28歳、29歳)が死亡、
そしてアルバニア人1人(24歳)が重症を負った(命には別条なし)。

厄介なことに容疑者2人(東ヨーロッパ出身)は逃走中とのこと。

地元紙による最新情報(3月10日10時45分現在:スイス時間)
容疑者2人はバーゼル・バディッシャー駅のほうへ逃げて行った。
年齢(推定):30~40歳
髪の毛:黒色
身長:約175cm
服装:昨夜は暗い色の服装、茶色/黒のレザージャケットを身に着けていた。


そのカフェの隣人の証言では、争っている声が聞こえたということだが、
捜査官たちの報告ではテロとの関連性はなしということ。

ドイツ当局も警戒しているが、バーゼル警察の公式発表で、
犯人がバーゼルの国境を越えたと確信された場合に動くようだ。


5年ほど前にはバーゼル・バーディッシャー駅には駅係員が常駐していた。
しかし、ここ数年、全く人がいない。

シェンゲン協定でヨーロッパ間の旅がしやすくなっているのはいいことだが、
このような事件が起きると・・・。


本当に嫌な時期に起こったものだ。


バーゼルでは、毎年恒例の世界最大の宝飾と時計の見本市、Baselworldが控えている。
毎年、10万人以上も訪れる大イベントだ。
Baselworld: 2017年3月23日~3月30日

日本からも多くの人が毎年、来場する。

近年において、バーゼルで最悪の事件となった。

犯人が一日も早く捕まることを祈りつつ・・・。


バーゼルからのニュースはショックだった!と感じた方は・・・
ページを閉じる前にお手数ですが
ポチッとお願いしまーす


にほんブログ村 旅行ブログへクリック
 
クリック


Flag_of_Switzerland_980