ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
matten_bei_interlaken_BE


日曜日、ベルン州Matten bei Interlaken/マッテン・バイ・インターラーケン)からの眺め。


"インターラーケン近くの草原"を意味する名前どおり、インターラーケンの南に位置する。

 ≪インターラーケン≫
map1


 ≪マッテン・バイ・インターラーケン≫
map2



もちろん、インターラーケンのHöhematte/ヘーエマッテ(広場)からも
同じような光景が見えたはず。


さて、写真に戻ると・・・
雲は天国へのホール?

いや、それともサイン?
Jungfraujoch/ユングフラウヨッホはここだよー!」と教えてくれているかのようだ。


ヨーロッパで最も高い鉄道駅(3454m)、
Top of Europe!
駅からエレベータで標高3571mのSphinx Terrace(スフィンクス展望台)へ。

眼の前にアレッチ氷河の眺望が広がる!

◆Jungfrau HP
◆ユングフラウヨッホINFO.


スイスのツーリズムでは2014年の初めに、
『2020年までには訪問者数100万人を超えるのが目標』と伝えていたが、
早々に2年後には目標達成


昨年はヨーロッパ、トルコ情勢、難民問題、そしてテロ関連の影響で訪問者数減となったが、
それでも過去10年をみてもベスト2である。

visiter

ユングフラウヨッホへの訪問者は圧倒的にアジアからの観光客だそうだ。

日本からの某ツアーでも、毎回、ユングフラウヨッホを訪れる。
すでに予定がぎっしりと詰まっているツアーなので、お天気が悪くても訪れる!

でも、ヨーロッパの最高点に訪れたというのは感慨深いものであろう。

ちなみに(言うまでもないが)、写真に写っている山はJungfrau/ユングフラウ(標高4158m)

同じく日曜日の他の場所でも面白い雲が登場した!
2月の楽しみ♪雲のハイライトシーン!
関連記事へつながります

 
本日の風景写真は素敵だなぁ~と思われたら・・・
ページを閉じる前にお手数ですが
ポチッとお願いしまーす


にほんブログ村 旅行ブログへクリック
 
クリック


ende2
2017-2-19