ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
DSCN0759Filisur/フィリズール

Chur/クール方面の列車を待っている間、

駅を背にして左の山(写真の山)のほうを眺めていると、
遠くに自分たちが乗る列車が顔を出すのが見えた。




3か所、顔を出すところがあるみたいだったが、

カメラに収められたのは2か所のみ。




最初は木と木の間から「アレグラ!

DSCN0804



黄色の木の葉の西洋カラマツは落葉するので

冬には列車の姿がもっと広範囲に見えることでしょう。




そして1、2分後にまた「アレグラ!

DSCN0805
DSCN0806
DSCN0807
DSCN0808






前回のブログに書いたとおり、乗車しているときもアレッ!

何だか似たような景色と思っていたので、これで納得!

2016-10-27_22



ズームインしての撮影だが、望遠レンズでの撮影であれば

もっと綺麗に撮影できるはず。




アルブラ線で他にも同じケースで

同じ風景が見えるところがあるかもしれないが

今のところ自分自身で確定できたのはここだけ。




【RhBの豆知識】

アレグラはグラウビュンデン州の一部で話されているロマンシュ語

こんにちは」の意味。


当ページでは「こんにちは!」の意味で使用しています。


ちなみに、こちらのレーティッシュ鉄道略:RhBABe8/12形電車の

ニックネームは“Allegra/アレグラ”
0cb666ed



本日の内容は面白かった!💗と思われた方は

ページを閉じる前にお手数ですがポチッとお願いしまーす


にほんブログ村 旅行ブログへクリック
 
クリック

ende2 スイスの小さな旅:2016-10-22