ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!

1



はじめに・・・

このブログ記事更新について今後の対応を検討中です。

皆さんの「いいね!」を目安としていますので、

ブログを読まれたら本文最後のバナー”旅行ブログ/スイス情報”をクリックして

お知らせくださいね



人気のヨーロッパ旅行ブログへ


ende3



皆さん、この建物は何に使われているかわかりますか(春先の風景)? 


ende3




ヌーシャテル州Le Locle/ル・ロックルにある1927年に設計された建物です。

 



ル・ロックルは、隣接するラ・ショー=ド=フォンとともに、

ヌーシャテル州に残る『伝統的な時計製造業と結びついた都市計画』が評価され、


世界遺産(産業遺産)として登録されてあります。



ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画」について



スイスでは番目に小さな市で、住民はわずか1万を超えるほど。

土地面積はわずか23.14 km2




この小さな市を運営・管理しているのが、この写真の建物です。


初めて見たときにホテルかなと思いましたが、実は、市役所でした

2




バーゼルの市庁舎とは、また違ったイメージで素敵でしょ

 



美しいフレスコ画が描かれているバーゼルの市庁舎についてはこちらから↓↓

2016-9-14-00



皆さんは、どちらの建物が好きですか




そして二つの顔を持つ建物です

 



建物正面

DSCF5445




優しい壁画のタッチが素敵




絵画を拡大すると・・・

wall pic-s





反対側は・・・

DSCF5450





また違った素敵な趣のある壁画

DSC_2020





屋根の下にも可愛いデザイン

DSCF5459
DSCF5447





掲示板も素敵です

DSCF5460

 



ちなみに、ヴヴェイ(Vevey)出身の

Charles-Alphonse Gunthertによる設計だそうです。



ネオ·ルネサンスアール・ヌーヴォーの様式を融合した建築。




大都市とは違った雰囲気で、

小さな市のシンボルとなっているユニークな建物は芸術そのもの 




ガイドブックには載っていませんが、

街歩きをすると素敵な建物に出会えるから楽しいですよね




本日の記事は面白かったですか?

ポチッと応援クリックお願いしまーす



にほんブログ村 旅行ブログへクリック
 
クリック

ende2

kako-1peY1ZjP40fa1mwn