ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
DSCN2114



ホープダイヤモンドの話は聞いたことがありますか?




インドから持ち帰ったダイヤモンドを当時(1668年)、フランスの王であった

ルイ14世が手にした宝石でも有名です。




ルイ14世は誰からそのダイヤモンドを買ったのか?


17世紀、最も偉大な旅行者/探検家であったと言われているフランス人。




そして長い旅を終え、スイスのヴォー州Aubonne/オーボンヌ(モルジュ地区)の

男爵の称号を得た人物。





その宝石商とは? 

スイスで男爵の地位を確立した人物とは?




その男爵の名前がついたホテルのご紹介です。



海外生活ブログ スイス情報へ



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ご訪問どうもありがとうございます

記事を読まれたら本文最後の【みたよ】をクリックしてださいね♪2x50

ララとノアからのお願い⇒【みたよ】について

ende3





ホープダイヤモンドの宝石商として名前が出てくる人物とは・・・、

フランス人のJean-Baptiste Tavernier/ジャン=バティスト・タヴェルニエ





本日は、彼の名がついているヴォー州 Chexbres/シェーブルにある、

Baron Tavernier Hotel & SPA/バロン タヴェルニエ ホテル&スパのご紹介です。

タヴェルニエ男爵のホテルという意味ですね。)




前回のブログでは後ろ姿のみご紹介した、ホテルレストランのテラスにある彼の彫像。

DSCN2180







そして、ロビーには彼の旅行にまつわる絵も飾ってあります。

lobby-s






前回のブログでご紹介した、美味しい朝食を提供してくれるホテルです。





<エントランス付近>

entrance1






<カフェバー> ロビーの横

※ランチも提供していました。

DSCN2185





<レストラン>

ここで朝食をいただきます。

DSCN2121





このホテルのお部屋を大きく分けると・・・


<レイクビューのお部屋> レストランの上

<ヴァレービューのお部屋>

<ミーティングルーム(右下)> カフェバーの上のガラス張りのお部屋

looking-s




ここから中庭を通ってスパと同じ棟にヴァレービューのお部屋あります。



次はその素敵な中庭ヴァレービューのお部をご紹介します。


続きはこちらからどうぞ※写真をクリックするとページへつながります。

6-19




本日の記事は参考になりましたか?

「参考になったよ!」という方は「みたよ!」をクリックして

お知らせくださいね。


最後まで読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
⇅クリックお願いします⇅

ende2



kako-1peY1ZjP40fa1mwn