ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!

s-DSCF3200




花々で縁取りされたような、美しいマッジョーレ湖畔にある、Locarno/ロカルノの町。



南国情緒たっぷり♪ ヤシの木も🌴。

s-DSCF3205



湖畔の様子はこちらから↓↓


癒される南スイスの楽園 ☆ロカルノ☆




この美しい湖を上からも眺めてみたい



2種類のケーブルカーを使って、標高1340mカルダータ(Cardada)まで



Locarno FLMS -Madonna del Sasso(約6分)=乗り換え= Orselina CITCardada(約6分)




ここはFLMSのケーブルカー乗り場ケーブルカー

s-7427260082_5254e04f7f_o

 



乗り換えのOrselina/オルセリナ CITのケーブル乗り場前から

s-DSCF3211

ここは、人気の絶景撮影ポイント


クリーム色の聖堂は、マドンナ・デル・サッソ (Madonna del Sasso)です。


素敵な教会
s-DSCF3226



言葉で表現するのは難しいですが、スイス
スイスの旗とイタリアイタリアの旗の融合の町、ルカルノ。




教会近くのカフェで地元のワインを飲んでみました。美味しかったです




あとで調べたら、実は、このワインメーカーは、

昨年のスイス・ワイン・グランプリで「ベスト・ワイナリー」を受賞していましたよ。



チャキチャキのバーゼル人ですが、

夫が片言のイタリア語を話しながらオーダーしていましたが、ちょっと笑えたかなぁ。



🍷ワイン好きな人は、ワイナリーを訪れてみるのもいいかもしれませんね。


Tamborini Vini HP



Orselina CITCardada間のケーブルカーは近代的なデザイン。

6_locarno_07




実は、このOrselina CITの建物やケーブルカーもマリオ・ボッタの設計です。

1280px-Orselina_Cardada_Talstation_2002_08_22

 


【スイスの豆知識】

スイスだけでなく日本ともつながりのあるスイス建築家、

マリオ・ボッタはスイス南部のティチーノ州(スイスイタリア語圏)出身です。



バーゼルでの彼の有名な建築はこちらから↓↓

世界的に有名な"ハンマーを叩く男"がここにもいた! ☆バーゼル☆


マリオ・ボッタの設計の一つ、ティンゲリー美術館についてはこちらから↓↓


彫刻の魔術師ティンゲリーの秘密 ☆バーゼル☆





Orselina CITCardada間のケーブルカーからの眺め

Maggia /マッジャ)をはさんで左がロカルノ、右はAscona/アスコーナ

s-DSCF3212


 



カルダーダに到着 。

美しいマッジョーレ湖を上から見渡すことができます。


写真奥(西)の方角へ目をやると、そこはもう、イタリアイタリアの旗  ボンジョルノ~📣

s-DSCF3216



  

ハイキングをして下山する人もいますが、下りのケーブルカーを待つ間、

しばらく森林浴に浸るのもいいかもしれませんねー。



ケーブルカーの時刻表についてはこちらから↓↓


◆Cardada Timetable


 



ロカルノの次は、列車で約1時間Lugano/ルガーノにも立ち寄ってみました。


つづく

エレガントな雰囲気に包まれる湖のほとり♪ 美しい湖を訪ねて②


本日の内容は面白かったなぁ💗と思われた方は・・・
ページを閉じる前にお手数ですが
ポチッとお願いしまーす

にほんブログ村 旅行ブログへクリック
 
クリック

Flag_of_Switzerland_980
svgLocarno FLMS

svgOrselina CIT