ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
Wart
photo by photonenfalle.ch

月夜の下で美しい姿に変身するワイン畑近くの南斜面に建つお城


前回のブログの続きです。


ガイドブックには載っていない町のご紹介です。



すでにお伝えしたとおり、昨年秋、すべてのスイスのブドウ産地から選ばれる

『Grand Prix du Vin Suisse2015』で 『ミュラー・トゥールガウ』カテゴリの中で

スイス最高のワインとして「Sylvie 2014」が表彰されました。



そのブドウ畑がある秋の風景です。

php

photo by neftenbach.ch


季節を超えて一気に秋の風景で申し訳ないですが、ブドウ畑は秋の装いが一番美しいと思います。




チューリッヒ州のWinterthur/ヴィンタートゥール地方のNeftenbach/ネフテンバッハの町です。


このブドウ畑から西に向かって道に沿って約5分ほど歩くと亜麻/ワイン博物館があり、

(※毎月第1日のみオープン)

「Schloss Wart」という19世紀後半に建てられたお城も見えてきます。

Neftenbach_Schloss_Wart2
photo by wikimedia.org


Sulzer-Wartファミリー所有の邸宅だったようですが、

ネフテンバッハ出身の歴史家によるヴァールト城の歴史やファミリーについて書かれてある

「Schloss Wart」の本も出版されていて、ネフテンバッハの町の歴史にもお城の歴史が

多く登場しています。



何故この地にミニ版シンデレラ城みたいなお城が建ったのか?


それはいたって簡単で、当時の不動産の持ち主(Wart家の息子の一人)が

ドイツ・バイエルン地方のノイシュヴァンシュタイン城みたいな家を建てたい!」と

リクエストしたからだそうです。



また、地元で人気のスイス料理を提供する
れすとらんレストラン「Rebe」がバス停「Wolfgässli」近くに

あります。


特に野菜・豚肉・牛肉・鶏肉の4種類のコルドン・ブルー(Cordon bleu)

が美味しいと評判のレストランです。


※google mapでも美味しい料理の写真がたくさん見れます。



れすとらんレストランRebe HP


ワイナリー”Weingut Nadine Saxer” HP

◆毎週金曜(16:00-18:30)、土曜(11:00-16:00) 試飲・販売

イベント情報など




18世紀に建てられた家が博物館になっています。

php2

photo by neftenbach.ch



この町では、このようなフランスのアルザス地方によく見られる木枠の家が多いようなので

家並を見るのも楽しそうですね




春は桜の花や菜の花そして秋はブドウ畑の風景を楽しめる

ガイドブックには載っていない、スイスの小さな町への旅

map


ヴィンタートゥール駅からバスで約18分。「Neftenbach, Wolfgässli」下車

 ※チューリッヒ中央駅から電車とバスで約40分


ブログランキングに参加中です。

「今回の記事は面白かった!」「スイスへ行ってみたいな♪」と思った方は、

お手数ですがポチッ応援クリックをよろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ende2

kako-1peY1ZjP40fa1mwn

svg