ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
1280px-Werdenberger_schloss_winter_1
photo by wikimedia.org


南の方角から見た、Schloss Werdenberg/ヴェルデンベルク城の風景です。

そして、お城から見守られているように古い木造家屋が建っています。



スイス東部、ザンクト・ガレン州のヴェルデンベルク/Werdenberg(行政区)。

お隣りはライン川をはさんでリヒテンシュタインです。

1280px-Karte_Wahlkreis_Werdenberg_2007



その家屋が立ち並ぶ場所が行政区とお城と同じ名前の歴史ある城下町、ヴェルデンベルク。

そのタウンページによると、は世界で最も小さな町であるということです。


わずか34の家屋と住民の数は約90人


スイス最古の中世時代の木造集落が集まった町です。

幸運にも戦争の火事も免れ、何世紀にもわたって現存のまま保存の良い状態で保たれているという

奇跡に近い町ですね。



その中の一つ、1枚目の写真の一番左端の家屋"シュランゲンハウス/Schlangenhaus"

今は地域博物館となっています。

Regionalmuseum Schlangenhaus_2

photo by werdenberg.ch


その博物館の資料によると、地下のオーク材の梁の年輪を分析した結果、

ベルデンベルク城が完成(1228年)後の1261年と計算されたそうです。


家そのものの完成年は定かではありませんが、

大きな壁とダークレッドの特殊塗料からも約800年前に建てられたものであろうということです。



他の木造家屋例
Doppelhaus (※wikimedia.orgより)
1280px-Doppelhaus_Werdenberg
photo bywikimedia.org




Haus23-2_Werdenberg
photo bywikimedia.org


Staenderbaureihe3_Werdenberg
photo bywikimedia.org


Werdenberg,_Haus_Nr,_16_-_004
photo by wikimedia.org


さて、そこで一つ、

スイス最古の木造家屋つながりで思い浮かべるのは、シュヴィーツにある

1287年に建てられた「ベツレヘムの家」ですね。



ベルデンベルクの家の基礎が推定1261年となっていますが、根拠に乏しいのでしょうか?

住んでいる人はいませんがスイス最古としては「ベツレヘムの家」のほうが有名ですね。


【関連記事】

ハイジを連想させる、ヨーロッパ最古の家 <スイス・シュヴィーツ>




いずれにせよ、スイスで居住できる中世の家屋として存在するのは、ここベルデンベルクだけです。

歴史が好きな方は是非、立ち寄ってみてください。



ベルデンベルク城やシュランゲンハウス博物館では、当時の騎士たちや一般の人々の

地域の歴史や民族文化を知ることができるそうです。


【博物館オープン時期】

4月1日~10月30日


【オープン時間帯】

◆Meseum Schlangenhaus

火-金:11:30 – 18:00

土・日・祝:10:00 – 18:00


◆Museum Schloss Werdenberg

火-金:11:30 – 18:00(木:20:00まで

土・日・祝:10:00 – 18:00


Schloss Werdenberg HP

ブログランキングに参加中です。

「今回の記事は面白かった!」「スイスへ行ってみたいな♪」と思った方は、

お手数ですがポチッ応援クリックをよろしくお願いします



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ





ende2


kako-1peY1ZjP40fa1mwn