ブログネタ
とっておきのスイスネタ情報 に参加中!
schwyz_1


40年以上も前、アニメ『アルプスの少女ハイジ』を制作する前に

宮崎駿氏が高畑勲氏たちと約1年間、

スイスへ調査へ行ったという話は有名ですよね。




ここは、Schwyz/シュヴィーツにある、

ヨーロッパ最古の木造建築




1287年に建てられた『Haus Bethlehem/ベツレヘムの家』

※日本の時代に置き換えると、鎌倉時代の後期に建てられたことになる。




私が最初見たときに、アニメ『アルプスの少女ハイジ』に出てくる、

アルムのおじいさんの家だ!

・・・と思ってしまった。




スイス人の夫も見た瞬間に・・・

「ハイジの家だ!」と叫んでいた。



しかし、よーく比較してみると、違いますが。


≪アニメの中のアルムおんじの山小屋

heidi-haus_1



今は、こちらのItal-Reding-Hausとともに博物館となっているが、
Ital-Reding-Haus



1980年代までは、実際に人が住んでいたそうだ。

schwyz_2



ドアの高さは、170cmあるかどうかなという感じの小さめのドア
小さな郵便受け

牛乳ビンの底をつなげたようなデザインの窓ガラス

schwyz_4



※ちなみに、スイスファンからの情報によると・・・


「昔は板ガラスを作るのは至難の業でした。

そこで溶けたガラス塊をつけた棒をクルクル廻し、

遠心力で円盤状板ガラスを作って、鉛枠で何個も固定し、

ガラス窓を作ったそうです。」(情報ありがとうございました!)



場所的にもアルプスの山中ではないので、

調査隊一行がシュヴィーツを訪れた可能性はやはり低いかなあ



ただ、屋根の上に大きな石

schwyz_3


アニメの中にも登場(デーテおばさんの友人宅)!!

heidi-haus_2


何となく、無理やり結びつけてしまったような感じだが、Wink

アルムの山小屋はグラウビュンデン州のMeienfeld/マイエンフェルト
Ochsenberg/オクセンベルクに、今も存在する山小屋がモデルになったそうだ。


素敵な風景が見渡せる場所にある。
map1-2

そのハイジの山小屋の場所については下記ページを参照してください。
続く➡アルムの山小屋のモデルになった場所! スイス・マイエンフェルト・オクセンベルク


本日の内容は面白かったなぁ💗と思われた方は・・・
ページを閉じる前にお手数ですが
ポチッとお願いしまーす

にほんブログ村 旅行ブログへクリック
 
クリック


Flag_of_Switzerland_980
🏠Museum情報(Ital-Reding-Haus, Haus Bethlehem)
注意
Bethlehem
Bethlehem
夏期のみオープン!



2014年5月