10258784_654524551267817_5076473766706227897_o
Photo by Hans-Peter Bruder



ルツェルンから船で約1時間50分。

ウーリ州北部のルツェルン湖に面した、トライプ(Treib))の船着場付近です。

とても可愛いレストランですよね。



家の外壁の炎のようなデザインは、雨戸などにもよく見かけますが、
州旗を基調として州によって色が違います。

州によっては、色が重なる場合もありますが、黄と黒の配色はウーリ州だけです。

ウーリといえば、ウィリアム・テルですが、訪れた方はいらっしゃいますか?



また、ウーリ州の特色としては、8つの州(準州)に隣接しているのをご存じでしたか?

グラウビュンデン州
ティチーノ州
ヴァレー州
ベルン州
オプヴァルデン準州
ニトヴァルデン準州
:シュヴィーツ州
グラールス州



★レストラン『Wirtshaus zur Treib』 HP

http://www.wirtshauszurtreib.ch/


※このレストランの右隣に同じような家の造りのケーブルカー駅があります。
(夏の風景)
Wirtshaus_zur_Treib_IMG_4560
Photo by wikimedia.org

ケーブルカーを使って、ここから330mも高いSeelisbergへ約8分で上ることができます。



【ルツェルン湖の豆知識】

※正式名をご存じない方のみお読みください。

日本でよく使われるルツェルン湖は通称名で、正式には『フィアヴァルトシュテッターゼー(Vierwaldstättersee)といいます。

ルツェルン州、ウーリ州、シュヴィーツ州、ウンターヴァルデン(現在はオプヴァルデン準州とニトヴァルデン準州)の4つのカントンに面しているためつけられた名称です。


ブログランキングに2ヶ所参加しています。

「記事が面白かった!」と思った方は、お手数ですが

応援クリックを2つともお願いいたします。↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ




Facebookへ